禁煙のメリットについて考える男女

禁煙で肌の調子が良くなるメリットがある

喫煙が身体に悪影響を与えるのはタバコ会社自身が認めていて、箱のパッケージに注意・警告文が書いてあります。
なぜ身体に悪影響を与えるかということを端的に説明するなら「煙草は有害物質の塊」だからです。
有害物質を体内に取り込んでいるのですから健康に害を与えるのは当然です。

タバコの三大有害物質は有名です。
ニコチン、タール、一酸化炭素ですが、それぞれを害を知ったならほとんどの人が吸いたくなくなるはずです。
ニコチンは血管の収縮や動悸、血圧の上昇、手足の冷えなどの症状を引き起こします。
禁断症状が起きるのはこの物質の影響です。
タールは発がん性物質を含んでいますので肺に悪影響を与えます。
一酸化炭素は排気ガスなどと同じように酸欠状態を引き起こし息切れやスタミナ不足を起こし、それによって動脈硬化を促進します。

喫煙はこれらの有害物質を体内に取り込むことですので禁煙が身体に好影響を与えるのは当然です。
その中でも禁煙のメリットで大きなものはお肌の調子です。
今の時代は男性もおしゃれに関心を持つようになっていますのでお肌の調子について気にしている人も多いですが、女性の場合は特にお肌について敏感です。

化粧品会社がテレビなどで宣伝していますが、お肌は女性にとって重要な関心ごとです。
ですからお肌の調子をよくするための化粧品が販売されていますが、それはあくまで身体の外からの対処法です。
もちろん効果が出ることもありますが、それよりも理想的な方法は体内からお肌の調子をよくすることです。

身体の外からの対処法ですと、ときには適性が合わないこともあります。
ですが、体内からですとそうした心配は必要ありません。その意味で禁煙はとても意味があるお肌健康法といえます。
なにしろ禁煙をするだけですので副作用の心配などをする必要もありません。
お肌の調子が悪いと見た目も老けて見えます。なんとも理想的なお肌健康法です。

また、喫煙者では気がつかないこともあるようですが、口臭も喫煙者の問題点です。
自分で気がついていない口臭が出ていてはせっかくのお化粧も台無しです。
口臭を消すためにわざわざガムを噛んだり消臭スプレーなどを利用するのは自分で汚して自分で掃除をするようなものです。
最初から汚さないのが理想ですが、禁煙はまさしく最初から有害物質を体内に取り込まない理想の方法です。

タバコを吸い続けると見た目年齢が高く見える

私たちの身体は食べたものなどの口にしたものでできているといっても過言ではありません。
いくら高価な化粧品を使用していても、エステに通い続けていても、タバコを吸って有害物質を体内に取り入れていたら何の意味もありません。
特に女性の喫煙者は肌の調子がいまひとつと悩んでいる人が多い現状があります。
それもそのはず、タバコを吸い続けると、見た目年齢が高く見えるというデータもあるのです。

ではタバコが私たちの肌に及ぼす悪影響にはどのようなものが考えられるのでしょうか。
まず、喫煙によるニコチンや一酸化炭素の影響で血管が収縮してしまいます。
そうすると血行不良がおこり肌の新陳代謝を悪くしてしまうのです。
その結果、コラーゲンなどの私たちの肌を健康に保つために必要となるものが減少してしまいます。
そうすると肌の皺が増えたり、たるみが目立つようになってしまいます。

また、タバコは体内の活性酸素を増やします。
これもまた、コラーゲンなどの若々しい肌を保つのに大切なものを損傷してしまいます。
また体内の酸化が進むと、メラニン生成が促進されシミなどを増やします。
女性の大敵である、シミや皺はこのようにして知らぬ間に、どんどん増えていってしまうのです。
要するに、老化現象と言われるあらゆる肌の衰えが、タバコを吸わない人よりも何年も早くやってきてしまうのです。

もうひとつ怖いのは、喫煙すると体内のビタミンCを消費することになります。
ビタミンCが美肌に欠かせないことは周知の事実です。
いくら意識してビタミンCを摂取していても、タバコを吸っている限りあまり意味がないと言えます。
また、自分では気づかない口臭の問題も無視できません。
どんなに見た目に気をつけていても口臭ケアを怠っていたら台無しです。
禁煙することのメリットがいかに多いかがわかっていただけたのではないでしょうか。
今日から禁煙に向けた努力を始めてみましょう。