禁煙のメリットについて考える男女

有名な禁煙補助剤のニコレットについて

ニコレットはスウェーデンで開発され、1978年にスイスで発売された禁煙補助剤です。
日本では1994年に医療用の禁煙補助剤として発売されましたが、その後の2001年には一般用医薬品になったため、今では町のドラッグストアなどでも買うことができます。

ニコレットの特徴はガムタイプの禁煙補助剤だということです。
タバコをやめた時には体内からニコチンが消失した影響でイライラ感や不安感などのニコチン離脱症状が起こります。
多くの人はニコチン離脱症状が苦しいためにまたタバコを吸ってしまい禁煙に失敗することがあります。
ニコレットによって禁煙が楽にできるのは、ニコレットを噛むことによって微量のニコチンを摂取してこのニコチン離脱症状を軽減し、タバコをやめた状態を続けやすくなるという仕組みになっているからです。

ニコレットで禁煙する時の方法は、今まで1日に吸ってきたタバコの数に合わせて1日に使うニコレットの数を決めて、それを使ってニコチン離脱症状を抑えながら禁煙を続けるという方法です。
ニコチン離脱症状が最も苦しいとされているのはタバコをやめてから1~2週間の間なので、この期間をニコレットを使って乗り切り、徐々にニコレットを使う回数も減らしていくことでニコチンを摂取しなくても良い状態に変えていくと良いでしょう。

なお、ニコチン離脱症状を抑えて禁煙をするための方法には、体に貼れば良いだけのニコチンパッチを使うという方法もあります。
しかし、ガムタイプのニコレットを使う方が禁煙中の口さみしさも軽減できるため、タバコをやめやすいのではないでしょうか。

ニコレットは病院で処方してもらわなくても町の薬局やドラッグストアで購入可能です。
そのため手に入れやすく、タバコをやめようかと考えた時にすぐに利用できます。
ちなみに、この薬のジェネリックとしてはニコテックスという製品があるので、それを利用しても同じように禁煙することが可能です。

ニコレットジェネリック、「ニコテックス」の価格

ニコレットは、ガムタイプの禁煙補助剤ですが、1個2mgタイプが2000円くらいと高いのが難点です。
煙草を吸っていた本数が1日のニコレットの必要数となるりますので、1箱吸う人は、日に40000円がかかることになります。

そこでニコレットジェネリックの「ニコテックス」4mgが同じように禁煙補助剤として使えます。
成分はニコチンとなっており、体内のニコチンをニコチンに置き換える療法という点ではニコレットと変わりません。

タバコをやめると発生する禁断症状を緩和する方法がとられます。
1日吸ってきたタバコの本数に合わせてニコテックスを用いて、徐々に減らしていくことはニコレットと同様です。
ガムタイプですから町の薬局やドラッグストアで手に入れることができます。

ニコテックスには2mgタイプと4mgタイプがあります。
2mgタイプはガムで吸いたくなった時に噛むタイプです。
1日25本以下の人は2mgタイプでそれ以上吸う人は4mgタイプが適切です。

価格は、2mgタイプ1個単位で1280円、売れ筋の24個セットで3万円で購入することができます。
4mgタイプでは1個単位で1680円で24個セットで4万円内外が販売価格になります。

パッチを使うことも可能ですが、ガムタイプのほうが禁煙中の口さみしさを和らげる効果があり受け入れやすいのが特徴です。
ジェネリックのニコテックが少し安くなります。まとめて買うとかなり割引価格で購入できるようです。
通販でも購入可能ですし、薬局やドラッグストアで購入することが可能です。

ニコチンを摂取しなくてもいい状態になるまでは、かなり時間がかかります。
徐々にやめていくといいますが、いつまでという期間が定められていないといつ失敗するか不安になります。
継続することが煙草をやめることにつながるのでジェネリックのニコテックスをお勧めします。