禁煙のメリットについて考える男女

ザイバンを使って禁煙に挑戦しましょう!

禁煙を助けてくれるものの一つに「ザイバン」というものがあります。
「ザイバン」はニコチンを含まない禁煙補助薬です。
タバコがどうしてもやめられない方にもタバコを止めることができるようになったという例があるほど効果的な薬です。
今回はこの薬の効能や日本での発売情報などについて説明していきます。

これは禁煙天国ではレストランでは禁煙のみにするというような規制も増えてきているのでそのような場合に大変有効である薬として長年使用されてきました。
「ザイバン」というのは商品名のことでこの薬の成分は「ブプロピオン」という成分が含まれております。
抗うつ剤の一種であり、ニコチン拮抗薬として日本では販売されていません。
現時点では日本で購入することはできないので主に個人的に輸入するか代行業者を介して手に入れるという方法があります。

この薬はアメリカでは喫煙者がタバコを止めることができる抗うつ剤の一種として人気がある効果的な薬で、安全性も認可されております。
そのため、服用量や服用回数はアメリカで定められている方法が採用されていることに加えて、妊娠中の方などの服用は控えるように勧められているので、服用がしたい場合には必ず医者に相談しに行くようにしましょう。

禁煙をするという行為はすぐには止めることができないのが現状です。
すぐにやめようとするとストレスが多くかかり、また、吸いたくなるというような禁断症状も発生する可能性が高いです。
そのような状況を無くしていくためにも禁煙補助薬を使うということには大きな利点があります。
ストレスや鬱を軽減することができるという主な働きがそれを意味していると言えるでしょう。

実際に薬を服用していく場合には自分の状況を逐一確認しながら慎重に薬を服用していくようにしましょう。
そのようなことさえ気を付けていれば安全にタバコをやめていくことができるでしょう。
ぜひこのような方法で一度禁煙に挑戦をしてみましょう。

ザイバンの副作用はどんなものがある?

世界的にみれば日本はまだまだ喫煙が許されている国の部類に入ります。
近年になり規制が一層強化されつつあり特にレストランでは、その傾向が強くなっていますが、タバコはすぐに禁煙できるようなものではありません。
むしろ禁煙によるストレスが日常生活に悪影響を及ぼす場合もあります。
そのような場合にはザイバンなどの禁煙補助薬を使うことでストレスを軽減して禁煙を達成することができます。

アメリカで発売されているザイバンは禁煙天国で過ごすためには有益な薬です。
そもそもタバコはニコチンの中毒症状によって止められなくなるというものですが、ザイバンに含まれるブプロピオンによってニコチンが美味しく感じないようにするもので、いわゆるニコチン拮抗薬になります。
メリットは脳がタバコを美味しくないと感じさせることで吸わない気持ちを高めることで禁煙を達成させることができます。
ザイバンは日本では発売されていませんが、アメリカを含めて世界中で広く使われています。

しかし、薬には副作用がありザイバンを使用する際にはそれらをしっかりと知っておくことが大切です。
ザイバンの副作用としては、睡眠障害と動悸・食欲不振・吐き気などです。
睡眠障害の場合には脳神経の興奮によって起こるものです。
日中はむしろ眠気を吹き飛ばしてくれるメリットがありますが、就寝前の場合には眠れなくなる可能性があるので、就寝間際の服用を避けるのが無難です。
動悸は心拍数が上がったり吐き気などは胃腸での吸収が上手くいかない場合などに起こりますが、いずれも慣れてくると症状は緩和されます。
また重大な副作用としてはアレルギー反応が起こるケースで、ザイバンを服用して身体の不調を感じる場合には、医師の診断を受けるのが無難です。