禁煙のメリットについて考える男女
目次

禁煙すると大半の人が食事がおいしく感じられたと言います。
これはタバコに含まれるニコチンやタールなどにより味覚障害が起きているため、本来の味を正確に把握出来ないためだと言われています。
禁煙はニコチンやタールを断つため、食事をおいしく感じられるメリットがあるわけです。
また、素材の味をしっかりと確認する事が出来るようになるので、味付けも薄味で良くなり、塩分を控える事で血圧の上昇を抑えてくれるメリットにも繋がります。

禁煙をしたいならチャンピックスがおすすめ

禁煙を開始すると味覚が元に戻るので食事をおいしく感じる事が出来るようになります。
味覚が戻ると今まで味付けを濃くしないと味がはっきりしなかったものが、味付けを薄くしても食べる事が出来るようになるわけです。
味付けを濃くすると言う事は塩分を濃い目にしているわけですから身体にもよろしくありません。
薄味でもおいしく感じる、結果的に塩分量を減らせる効果にも繋がって来るわけです。
但し、食欲が増す事で、普段よりも多く食べてしまい、身体が太るなどもあるので過食には注意しなければなりません。

過食をすれば太る事になるわけですが、太るのを防止するためにも積極的に運動を行うように心掛ける事が大切です。
運動と言っても、過激な運動ではなく、ストレッチや時間を掛けてゆっくり歩くなどでも良いのです。
また、禁煙を始めると自分の食欲が出るだけでなく、家族とのコミュニケーションも活性化出来るメリットに繋がります。
一人暮らしをしている場合には、室内で自由にタバコを吸えても、家族と一緒の場合は煙による受動喫煙のリスクがあり、換気扇の下で喫煙をしたり、ベランダや家の庭などでタバコを吸う機会が多いと言えましょう。
受動喫煙は喫煙者が吐きだした煙や灰皿にタバコを置いてある時に立ち上る煙を非喫煙者が吸い込む事を意味しており、喫煙者以上の肺ガンのリスクを生じさせるとも言います。

尚、禁煙へのチャレンジは決断と離脱症状との闘い、タバコを止めると言う意志の強さが必要などと言われています。
しかし、簡単にタバコを止める事が出来る人もいれば、何度も禁煙に挑戦しているけれども途中で挫折してしまい失敗する人も大勢います。
間単に止める事が出来る人は別としても、何度もチャレンジしては失敗している人にはチャンピックスがお勧めです。

チャンピックスはファイザーと呼ぶ製薬会社が開発を行った有名な禁煙補助剤です。
ファイザー社のホームページ内にはチャンピックスの公式サイトがあるので、興味がある人は一度閲覧しておくと良いでしょう。
チャンピックスは禁煙外来で処方して貰える医薬品で、身近な場所にある病院に通院する事でチャンピックスを使った禁煙が出来ます。
この医薬品を使う事で禁煙時に生じるニコチン切れなどの離脱症状を抑えてくれる効果を期待出来るようになるので成功率が高いと言われています。

チャンピックスの正しい服用方法について

チャンピックスは禁煙外来の診療科を持つ病院で処方を受ける事が出来る有名な医薬品です。
治療期間としては3ヶ月間、少しずつ医薬品の量を増やすのが特徴です。
1日目から3日目までは0.5mg錠を1日1錠服用します。
服用するタイミングは朝、昼、夕方のいずれでも構いませんが、夜からスタートした場合は、翌日および翌々日の夕方に服用するのがお勧めです。
また、食後に服用した方が良いと言われています。

4日目からは0.5mg錠を1日2錠に増やします。
服用するタイミングは朝と夕方の2回、食後に0.5mg錠を1錠ずつ服用し、これを7日目まで続けます。
最初の1週間は0.5mg錠を服用する事になりますが、8日目から最終の12週目までは1mg錠に増量するのが特徴です。
服用するタイミングは朝と夕方の2回、食後に1mg錠を1錠ずつ服用する事になります。

ちなみに、1日目から7日目の中で、どうしてもタバコを吸いたくなった場合、我慢が出来ない時には喫煙が出来るのもチャンピックスの特徴です。
これは服用を始めてから1週間が禁煙の準備期間になるからです。
タバコを止めると言う事、禁煙を始めると言う事は、タバコを1本も吸わない状況になるわけです。
前日までタバコを吸っていた人にとっては、吸うのかそれとも吸わないのかの選択を迫られる事でもあり、想像するだけで自分には無理と感じる人も多いと言えましょう。
準備期間は喫煙が出来るので導入しやすいメリットがあるわけです。
また、1週間チャンピックスを服用していると、ニコチンが体内に入らなくても良くなる、つまりタバコを吸わなくても良い身体になっていきます。

大半の場合が、8日目から喫煙をしたいと言う欲求が少なくなっているので、そのまま続ける事が出来るようになります。
その理由は服用する量が7日目までの倍になる、薬の効果は倍になっているので、喫煙をしたいと言う衝動を抑えてくれます。
ちなみに、8日目からは1日に2錠を2回に分けて服用する事になりますが、仕事などの関係で服用し忘れてしまう、眠気が生じるので飲まないなどのケースもあるわけです。
飲み忘れ、飲むのを止めた時に1日の上限を超えた服用の仕方をしてはいけません。
あくまでも1日に2錠まで、1回に1錠までを限度にする事が大切です。

チャンピックスの副作用について

チャンピックスの成分にはニコチンは含まれていませんが、薬を服用すると少量のドーパミンを分泌する作用を期待出来ます。
ドーパミンは神経伝達物質の一つ、快感を得るために分泌が行われる物質です。
喫煙するとおいしく感じられる、満足感やリラックスが出来るのはニコチン受容体にニコチンが結びついてドーパミンが分泌されるためと言われています。
これと同じような作用を期待出来るのがチャンピックスの特徴になっています。

チャンピックスは医薬品であり、副作用が現れるケースもあります。
一般的には吐き気や不眠症、異常な夢を見てしまう、頭痛、睡魔などが起こると言われています。
ちなみに、チャンピックスを服用する時は食後が良いと言われていますが、これは吐き気が生じてしまい、食事が出来なくなるのを防止する目的もあるからです。
気になる症状が現れた時には処方を受けた禁煙外来の専門医に相談しましょう。

チャンピックスの副作用には注意が必要

また、チャンピックスの副作用の中には抑うつ気分を初め、不安や焦燥、興奮、精神障害や気分の変動、攻撃的などの作用をもたらせるケースもあると言われています。
相手に対して敵意を持つ、死にたいと感じるなどの症状が生じるケースがあります。
これらの副作用の場合は、服用を中止する事が重要で、その上で専門医への相談を行うのがお勧めです。

抑うつ気分や精神障害などの副作用は稀に生じるもので、吐き気や頭痛などは多くの人々に生じると言われています。
いずれも一過性な症状になるので心配は要りませんが、いつもと違うと感じた時には、まずは掛かりつけ医への相談がお勧めです。
また、チャンピックスを服用すると眠気が起きると言われています。

これも一つの副作用になるのですが、車の運転を行うのが仕事の人、外回りなどで車の運転をする場合には注意しなければなりません。
車以外にも、工場勤務を行っている人の中には機械オペレーションを行う人も多いと言えましょう。
機械操作を行う時なども眠気が生じる事もあるので注意しなければなりません。

尚、チャンピックスはドラッグストアなどの薬局で販売が行われているものではなく、禁煙外来の診療科を持つ病院で処方を受けられるようになっています。
但し、個人輸入代行を行う通販薬局での入手も出来ますが、通販薬局で購入した時も、気になる副作用が起きた場合は服用を中止する事、医師に相談をするなどが大切です。